スクールビジネス『即』会員数アップ講座

2月 18, 2014 11:42 am

生徒数・売上昨対比 150% アップのために春戦線に取り組むべき4大施策

北村 拓也

前回1月24日の配信では、税率の変化により反響数減少や内部生退会の可能性があることを
お伝えさせていただきました。

もう1度ポイントをまとめますと
1.3%値上げとすると反響数減少の可能性がある。
2.しかし、価格をそのままにするとスクールの利益が減少する。
3.特にメディア等の報道により節約や節制ブームが来る可能性がある。
4.そのため、内部生に退会の機会を与えてしまう。
5.実は増税は対策さえしっかり行えば、他スクールと差別化できるので
反響増が期待できる。

勉強会当日はこの増税対策はもちろん、下記の内容についてもお伝えさせていただきます。
1.この春の当たる打出し
2.時流に適した集客方法
3.クチコミマーケティング

一見これらのテーマは、それぞれ個々のテーマのように見えますが、すべて連動しており、「この繁忙期だけではなく、その後6〜8月の閑散期における集客策」となっております。

現在、パソコンの普及率が上がり、これまでの超初心者からターゲットが変化しております。
そのため、提供するサービスをはじめ、打出しをそれぞれのターゲットに適したものにする必要があります。

◆特に下記のようなスクール様は必見◆
・増税対策に不安を抱いている
・2014年の繁忙期に絶対失敗したくない
・ターゲットがシニアのみとなっており、30〜70名以上会員数が増えない
・ここ数年反響の絶対数が落ちている
・退会率が高く、平均在籍期間が1年未満である

勉強会当日は、様々なターゲットに適応し長期安定経営が可能な
”次世代型パソコンスクール”のつくり方をお伝えいたします。

これらのすべてが1日で学べる勉強会 詳細はコチラ
http://f.msgs.jp/r/c.do?36L_8i6k_123_oxx